大切なペットの為にできること|ペット保険で安心

犬

飼いやすさNo.1の犬種

トイプードル

しつけがしやすく、賢いと人気のトイプードルは、初めて犬を飼いたい方にもおすすめできる犬種です。また、飼う際には散歩やブラッシングは毎日欠かさないようにしましょう。高齢になると病気もかかりやすくなるので、獣医に健康相談をすることも大切です。

人気の高い小型犬

飼い主とペット

チワプーはチワワとトイプードルのミックス犬で、両親の中間的な性質を持っており、日本でも人気の高い小型犬種です。ペットショップでは比較的安価で購入できますが、ブリーダーから購入すれば両親を確認できます。

ペットが病気になる前に

動物

保険選定で見るべき点

可愛いペットが病気やケガをしたときに備えて、ペット保険に入っておくべきだと言われます。しかし人間の保険と異なり、ペット保険の選び方の知識をもっている方は少ないと思います。そこでここで選定のポイントをいくつかあげてみます。まず見るべきは契約可能年齢についてです。ペットの年齢によっては、高齢のため加入できる保険が限られてきます。まずはこの点を中心に見て、入れる保険と入れない保険の分類をしてしまいましょう。また合わせて更新可能年齢も見ておきましょう。次いで確認すべきは補償される範囲です。通院、入院、手術、予防接種、賠償などがありますが、どこまでカバーしているかが重要です。ペットの種類によって病気のリスクや治療費の傾向も異なりますので、どれが最善かは杓子定規に決まるものではありません。これらの情報は獣医あるいはインターネットで調べてみると良いでしょう。またカバー範囲の広いペット保険を希望する場合、どうしても保険料は高くなりますので財布との相談が必要になるでしょう。また補償内容も見なければなりません。大別すると定額補償と定率補償とがあります。前者は全額補償されるタイプで、後者は50%、80%など治療費に一定の割合を掛けた金額が補償されるタイプです。両者ともに補償限度額が定まっています。保険料は定額補償の方が高いです。補償限度は金額だけでなく、入院については日数や回数の規定があるのが普通です。日数制限のプランでは、1年あたり何日まで補償されるのか知っておかないと長期入院なのにほとんど自腹ということになりかねません。回数というのは一度の入院を1回と考え、退院するまで補償が続きます。こうした点を吟味してからペット保険を契約しないと、思った通りの補償が受けられないかもしれません。

犬の問題行動に困ったら

犬

犬のしつけは、飼い主との信頼関係がちゃんとできていれば指示通りに動いてくれるようになります。言うことを聞けば褒めて、聞かなければ褒めずに繰り返し指示をするのが犬のしつけの基本です。もし、犬のしつけが難しいと感じる場合は、プロのトレーナーにお願いすることもできるので、負担を抱え込む必要はありません。